NYCトップページへ 日鋼YPK商事株式会社
TOP 会社情報 ネットワーク 関連会社 JSWのホームページを開く SMPのホームページにリンク お問い合わせ
 
SPECIAL PAGE
■樹脂機械関連
■射出機関連
■工作機械
■鋳鍛鋼品
■産業機械
■チャッキングシステム
■保険
■電子材料加工機
■お問い合せ
チャッキングシステム
精密NC旋盤及び専用機にラインアップされた各種パワーチャック、シリンダ。
精密高速中空エアーシリンダーを含め、FNS ライン、ハイテク分野などの精密加工に貢献しています。
HWB3-205型チャック HG3-6A型チャック
HWB3-205型・HG3-6A型チャックの大きな写真を見る
大きな写真で見る
■チャック
1.世界で唯一のカムレバー方式を採用しています。
カムレバー方式の利点
1.把握精度がよい
2.爪のストロークが大きくとれる
3.軽量でコンパクト。小さな推力で大きな把握力が得られる
4.新品並みの再生(リフレッシュ)が可能
5.シリンダーの交換なしで別形式と交換可能
2.なぜ複雑なカムレバー方式か
安全性(SAFETY)
ワークは、シリンダーの保持力により締付けられています。万一、トラブルの発生でシリンダーが保持力を失った時、ワークが外れて大変危険です。
日鋼プレシジォンパワーチャックの場合、セルフロック機構を有しており、シリンダーにトラブルが発生してもある程度の保持力がキープ出来る機構となっています。
高速回転(HIGH SPEED REVOLUTION)
チャック本体の厚みを薄く出来、また内部に空洞の出来得る構造の為、慣性モーメントは、楔形チャックに比べて小さくなっております。更に、マスタージョーのセットは同一チャックでは重量差をなくす様な組合せをし、その上で、完成品としてのトータルアンバランス量は1g以内(8インチの場合)に最終調整しております。
これらの処置により、NC旋盤・ターニングセンターの主軸サーボモーターに対する負荷率を軽減する事が出来ます。特に高速運転では、その効果が顕著に現れ、機械寿命を延ばす一助となります。
■シリンダー
当社では ・回転油圧シリンダー
・回転エアーシリンダーを取り扱っております
貫通穴径をできるだけ大きくするとの設計思想のもとに設計製作されており、より広範なワークに対応できるものとなっています。特殊仕様にも応じますので、ご相談ください。
詳しくはチャック専用ホームページへ
連絡先
工作機械部 チャック担当
〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1 ゲートシティ大崎 ウエストタワー24階
TEL 03-5745-2156 FAX 03-5745-2160
工作機械部 チャック担当
〒596-0001 大阪府岸和田市磯上町3-22-12
TEL 072-439-2160 FAX 072-439-2532
このページのトップへ
Copyright (C) 2014, 日鋼YPK商事株式会社